本文へスキップ

富士アルミ管工業株式会社はアルミパイプ専門メーカーです。

環境活動ENVIRONMENTY

環境への取り組み

 当社は、地域の発展に貢献するとともに、環境の維持向上に配慮した事業活動を行い、環境にやさしい社会づくりに努めております。また、さらなる環境保全に努めるため2007年9月18日に環境方針を制定いたしました。この環境方針は、環境活動の推進状況により都度見直しを図っています。

<環境保全基本方針>

 1.環境関連の法規制及び当社が同意したその他の要求事項を遵守する。 
 2.企業活動すべての段階で省資源・省エネルギー・リサイクルを考慮し、廃棄物の削減に取り組む。
 3.化学物質等の管理を徹底し、環境汚染の予防に努める。
 4.環境目標・活動計画を定め、継続的改善を行う。
 5.環境方針を全員に周知させるとともに、環境教育を通して意識の向上に努める。
 6.取引先及び地域と環境に関する情報交換を継続的に行う。
 7.環境に配慮した製品作りに取組む。
 8.グリーン購入の推進を図る。


 また、下記の7項目については、具体的な削減数値目標を年度単位で掲げ、目標達成に向けて全社員、並びに当社関係者が一丸となって取り組んでいます。

<環境活動計画>

  1.電力使用量の削減
 2.油類使用量の削減
 3.水使用量の削減
 4.廃棄物の削減
 5.二酸化炭素排出量の削減
 6.有害物質の使用量削減及び監視
 7.グリーン購入の推進


 今後の展開としては、環境活動の未達成内容を具体的に「P.D.C.A」で回す土俵作りも進めていくのと並行して、緊急時に対する安全基準及び復旧時の作業手順等を確認し、適切な管理の取組みに努めていきたいと考えております。 実績を金額換算する評価等、全員が意識を高められ、環境経営にも繋がる活動を今後も継続して実施していきます。


エコアクション21認証


三芳工場、朝霞工場は、2008年8月25日にエコアクション21認証を取得いたしました。



環境活動レポートは、 >> こちら

ISO14001認証


山形工場は、2005年2月4日にISO14001認証を取得いたしました。

ISO9001認証


山形工場は、2006年3月15日にISO9001認証を取得いたしました。

環境法規

当社は、活動を行うに当たって関連する下記環境法規を遵守しています。

<環境法規の遵守>

 1.大気汚染防止法 
 2.下水道法
 3.廃棄物の処理及び清掃に関する法律
 4.騒音規制法
 5.振動規制法
 6.消防法
 7.PRTR法(化管法第5条)


関連法規制等の遵守状況の評価の結果、法規制の逸脱は過去3年間ありません。
また、関係機関からの指摘および利害関係者からの苦情、訴訟は、過去3年間ありません。


具体的な活動例

環境活動の具体例を挙げさせていただきます。

1.デマンドモニタの導入

 電力使用量を常時把握し、最大電力を抑えるとともに、全体の電力量を削減するためのアイテムとしてデマンドモニタを導入いたしました。
 使用機械の見直し、省エネ機の導入など、複合要素の結果となりますが、最大電力量は、25%以上カットすることに成功しました。

2.蒸留再生器の導入

 従来、洗浄工程で使用している洗浄液は、製品洗浄後リサイクル業者様に買い取っていただいていましたが、蒸留再生器を導入することで、社内での再使用が可能になりました。
 現在では、3台ほど導入、稼働しております。

3.回生エネルギーの使用

 モーター出力の大きな機械からインバーター化を進めています。また、インバーター化と同時に回生エネルギーを使用できる機器を採用することで、更なる省エネ対策を実施しています。


4.省エネ型Vベルトの導入

 Vベルトの長寿命化、電力使用量の削減を目指し、交換時期の来たVベルトから随時省エネ型のVベルトに置き換えています。
 省エネ部品の積み重ねは、工場全体で実施すると、大きな効果が期待できます。

5.水道における節水コマの導入

 水道使用量を削減するため、節水コマを導入しました。
 この取り組みは、当社社員の家庭においても実施しています。




ほんの一例ですが、ご紹介させていただきました。


アクセス